Sambaのセキュリティ脆弱性(CVE-2010-2063)について

2010-07-05

サポートニュース

update

2010年6月16日にSambaのセキュリティ脆弱性(CVE-2010-2063)が公表されました。 弊社製品のSambaパッケージをご利用中の全てのお客様のSambaに脆弱性が含まれておりますので、 Sambaのアップデートパッケージの適用をお願いいたします。

[脆弱性の内容]

SambaのsmbdにおいてSMB1パケットの処理に脆弱性があり、悪意のある攻撃者が細工した SMB1パケットによってバッファオーバーフローを発生させることで、smbdの異常終了や、 任意のコマンドの実行を引き起こす可能性があります。

[アップデートパッケージの入手方法]

お客様がご利用中のSambaの環境について、下記の動作OS、およびご利用中の Sambaのバージョンの情報をご確認の上、弊社サポート窓口まで、 アップデートパッケージの提供について サポートID、会社名、ご担当者名を添えてご連絡ください。 * 下記に記されていない環境については、サポート窓口までお問い合わせください。

1. OSについて

  1. RedHat Enterprise Linux 5 (x86)
  2. RedHat Enterprise Linux 5 (x86-64)
  3. RedHat Enterprise Linux 4 (x86)
  4. RedHat Enterprise Linux 4 (x86-64)
  5. RedHat Enterprise Linux 3 (x86)
  6. Solaris10 (sparc)
  7. Solaris10 (x64)

2. Sambaのバージョンについて

  1. Samba 3.2
  2. Samba 3.0

折り返し、弊社よりアップデートパッケージをダウンロードするための URLをご連絡いたします。

*なお、アップデートパッケージの適用方法、およびSambaパッケージの変更内容などについては、 下記にて提供しておりますので、合わせてご利用ください。

1. Samba 3.2

2. Samba 3.0

Go To Top