Unicorn ID Manager
Google Workspace,Active Directory,LDAPに対応した統合ID管理製品
Unicorn ID Manager(ユニコーンIDマネージャー)はLinux上で動作するオープンソースの統合ID管理製品です。

複数システムのID情報を統合管理 業務を効率化し、運用負荷も大幅軽減!

Unicorn ID Manager (ユニコーンIDマネージャー)は、複数システムがそれぞれ管理しているID情報を、一括して管理できるオープンソースのID管理・連携製品です。 昨今の企業では、Windows Active DirectoryやOpenLDAPなどのLDAP製品、データベースなどのオンプレミスのシステムとMicrosoft 365やGoogle Workspaceなどクラウドのシ ステムでID情報が分散するケースが多くみられます。 Unicorn ID Managerは、このように散在するID情報を統合管理することで業務を 効率化し、運用負荷を大幅に軽減します。また、パスワード変更機能やセルフメンテナ ンス機能により、一般ユーザーによるメンテナンスの利便性も向上させます。さらに Linuxコマンド連携やコマンドインタフェースによるCSVバッチ連携など、さまざまなシ ステムとのID連携を実現します。 はじめてID管理製品を導入する際、低コストでシンプルな管理を実現したい企業に最 適なソリューションです。

製品特長

クラウドサービスの Microsoft 365、Google Workspaceや、オンプレミスの Windows Active Directory (Samba も含む)、OpenLDAP,、RDBMS(MariaDB、MySQL、PostgreSQL)などに登録されるユーザーIDを統合管理できます。

管理者や一般ユーザーは、WebブラウザーからID管理操作やパスワード変更の操作を行うことができます。

ID情報を集約するメタディレクトリを持たないため、各連携先の接続設定と、属性のマッピング設定を行うことで利用を開始できます。

ユーザーID連携先の柔軟な構成

  • Microsoft 365、Google Workspace、OpenLDAP、Active Directoryの連携を複数の組み合わせで構成することが可能です。

一般ユーザー向け Webインターフェース

  • パスワード一括変更画面 Microsoft 365、Google Workspace、OpenLDAP、Active Directory、RDBMS、Sambaなどに登録されたユーザーのパスワードの一括同期変更が可能です。 最大文字数、複雑性チェックなどにより、簡単なパスワードの設定を制限することができます。 パスワード変更画面に掲載するメッセージを設定可能です。 OpenAMによるSSO連携に対応します。
  • セルフメンテナンス画面 ユーザーのID情報をユーザー自身で更新が可能です。 初期設定により、更新可能とする属性を選択できます。
  • パスワードリセット画面 ユーザーが自身のパスワードを忘れた際に、事前登録済みのユーザーのメールアドレス宛にパスワードリセット用URLのメールによる通知が可能です。

管理者向け ユーザー統合管理 Webインターフェース

  • 個別ユーザー管理機能 Webブラウザー上で、個別にユーザー作成や、ユーザー情報の更新が可能です。 ユーザー作成、更新、削除、有効化(ログイン許可)、無効化(ログイン禁止)、リネームの操作が可能です。 操作時に連携対象を切り替えることが可能です。
  • パスワード管理機能 管理者は任意のユーザーのパスワードの再設定が可能です。 ランダムパスワードの自動生成が可能です。 再設定したパスワード情報をユーザーに紙で渡すための印刷支援が可能です。
  • CSV一括管理機能 CSVファイルのアップロードによるユーザー一括操作が可能です。 ユーザー一括作成、一括更新、一括削除、一括有効化、一括無効化、リネーム、パスワード変更が可能です。 操作時に連携対象を切り替えることが可能です。
  • グループ管理機能 グループの登録や、メンバーの管理が可能です。
  • ユーザー一覧機能 登録ユーザー情報の一覧表示(HTML表示)、一覧取得(CSVファイル)が可能です。 一覧表示の検索(部分一致)による絞り込みが可能です。 LDAPやActive Directoryの属性に合わせて、拡張スキーマに合わせた利用が可能です。 LDAPやActive Directoryなどでマルチバリュー属性を扱うことが可能です。 ユーザー作成、削除後などに、Linux上で任意のスクリプトの実行が可能です。

コマンドラインインタフェース

Linux上のコマンドラインインタフェースを利用して、CSVファイルによるID連携操作が可能です。

Unicorn ID Manager 利用イメージ

参考システム構成図

対応バックエンド

  • Active Directory / Samba
  • LDAP(OpenLDAP)
  • RDBMS(PostgreSQL、MariaDB、MySQL)
  • Microsoft 365 (旧名 Office 365)
  • Google Workspace (旧名 G Suite、Google Apps)

Unicorn ID Managerは、ID情報を集約するメタディレクトリを持たないため、各連携先の 接続設定と属性のマッピング設定を行うことで 利用を開始することができます。

動作環境

製品をインストールできる OS

  • Red Hat Enterprise Linux 8 / CentOS 8 / AlmaLinux 8 / Rocky Linux 8 (x86-64)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 / CentOS 7 (x86-64)

※ 上記以外の OS はお問い合わせ下さい。

ハードウェア要件

  • CPU: Intel Xeon / AMD Ryzen などの x86-64 互換プロセッサー (2 コア以上)
  • メモリ: 4 GB 以上 (性能要件やデータ容量などに依存)
  • ストレージ: 10 GB 以上 (データ容量やログ容量などに依存)

連携可能サービス / ソフトウェア

Unicorn ID Managerは下記のサービス、ソフトウェアとID情報連携を行うことができます。

  • OpenLDAP
  • Active Directory
  • Windows Server 2019 / 2016 / 2012 R2 / 2012
  • Samba
  • RDBMS
  • MySQL
  • MariaDB
  • PostgreSQL
  • Google Workspace (旧名 G Suite、Google Apps)
  • Microsoft 365 (旧名 Office 365)

対応 Web ブラウザー

Unicorn ID Managerの操作に利用できる対応Webブラウザーは下記の通りです。

  • Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

画面ショット

一般ユーザー向け パスワード変更画面

一般ユーザー向け パスワード変更画面

一般ユーザー向け 属性変更画面

一般ユーザー向け 属性変更画面

一般ユーザー向け パスワードリセット画面

一般ユーザー向け パスワードリセット画面

管理者用 対象選択メニュー

管理者用 対象選択メニュー

管理者用 操作メニュー画面

管理者用 操作メニュー画面

提供価格

製品価格:60万円(税別)

サポート料金:24万円/年(税別)

関連情報: 導入事例

この製品・サービスを導入頂いている企業様導入事例をご紹介します。
世界を代表する国内組織や大手企業など堅牢なセキュリティが求められる環境で多数の実績を有しています。

関連情報: 製品ニュース

2020-08-13

サポートニュース

Unicorn ID Manager

update

Unicorn ID Manager製品アップデートのお知らせ

2020-03-16

サポートニュース

Unicorn ID Manager

OpenAM

Microsoft Office 365 / Google G SuiteにおけるPOP/IMAPの基本認証の廃止

フォームでのお問い合わせ

Go To Top