Mailman for Linux
Postfix/Sendmail、Google Workspace、Microsoft 365など のメール機能を補完するメーリングリスト サーバー
高機能でもっとも使われているオープンソースのメーリングリスト サーバーです。

Mailman for Linux

高機能でもっとも使われているオープンソースのメーリングリスト サーバーです。

Google Workspace(旧名 G Suite、Google Apps)やMicrosoft 365 (旧名 Office 365) のメール機能、Postfix, Sendmailメール機能を補完します。Majordomo や fml からの移行にも最適です。

OSSTech 社 Mailman 独自の修正・改良項目

コミュニティ版や商用 OS 同梱の Mailman にはない独自のチューニングや機能を追加。

日本語 UTF-8 に対応

  • JIS X 0213 (JIS2000, JIS2004) 文字や機種依存文字などの Unicode 文字に対応。
  • Web インターフェイスやメールアーカイブの HTML の文字エンコーディングが UTF-8 となります。

様々な文字化けの問題に対処

  • 不正に文字エンコードされたメールに柔軟に対応。
  • 配信されるメールやメールアーカイブの文字化けを防ぎます。

独自のメッセージハンドラーを追加

  • AddHeaders: 任意のヘッダーの追加
  • RemoveHeaders: 任意のヘッダーの削除
  • CopyHeaders: 任意のヘッダーの複製
  • RenameHeaders: 任意のヘッダー名の変更
  • AdjustReplyTo: Reply-To: ヘッダーの調整
  • RewriteFrom: From: ヘッダーの書き換え (携帯電話キャリアなど spam 抑制のための制限が厳しい場合に有効)
  • OverrideMessageId: Message-Id: ヘッダーの上書き (Gmail ユーザーのメールボックスに自身が投稿したメールが配送されるようにするために利用)
  • DiscardDuplicate: 単位時間内に重複して投稿されるメールの削除
  • SubjectMimeFixer: Subject: ヘッダーの不正な MIME エンコーディングの修正
  • SubjectReReRe: Subject: ヘッダーの重複する「Re:」などの削除
  • QuotedMimeFixer: From/To/Cc: ヘッダーの不正な MIME エンコーディングの修正

独自のコマンドを追加

  • mmconfigjson: メーリングリストの設定を JSON 形式で表示・設定するコマンド
  • mmdumpq: キューファイルの内容をダンプするコマンド
  • mmarchexpire: HTML 保存書庫の古い版を削除するコマンド
  • rotate-mbox: mbox 形式の保存書庫ファイルをローテーションするコマンド

そのほかの改良

  • Postfix VERP (Variable Envelope Return Path) をサポートするパッチの追加。
  • リストメンバーを LDAP で認証する機能を追加。
  • ヘッダー/フッターに送信者情報を埋め込むことを可能にする拡張。
  • Web インターフェイスの各種認証ページにおいて、デフォルトでパスワード入力欄にフォーカスが移るように修正。
  • メールアーカイブの検索機能 (別途有償オプション)

各種不具合の修正

  • ヘッダーのアドレス解析が不正になる問題の修正。
  • 文字エンコーディングを UTF-8 に設定し、かつヘッダー/フッターを付加するように設定したとき、投稿されたメールの文字エンコーディングが必ず UTF-8 に変換されてしまう問題の修正。
  • Web ページや保留通知メール中の保留メール情報の Subject: ヘッダーが文字化けする (MIME デコードされない) 問題の修正。
  • 一秒間に 2通以上のメールのアーカイブ処理が実行された場合、関連しない話題のメールが関連づけされてしまう問題の修正。
  • 一部のブラウザーでメーリングリストの情報ページが正常に表示されない問題の修正。
  • メール配信処理で SMTP エラーが発生したときに CPU を異常に消費する問題の修正。
  • アーカイブを非公開設定にしたとき、メールのヘッダーに追加されるアーカイブページの URL が不正になる問題の修正。

動作環境

製品をインストールできる OS

  • Red Hat Enterprise Linux 8 / CentOS 8 (x86-64)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 / CentOS 7 (x86-64)
  • Amazon Linux 2 (x86-64)

※上記以外の OS はお問い合わせください。

ハードウェア要件

  • CPU: Intel Xeon / AMD Ryzen などの x86-64 互換プロセッサー
  • メモリ: 4 GB 以上 (性能要件やデータ容量などに依存)
  • ストレージ: 10 GB 以上 (データ容量やログ容量などに依存)

提供パッケージ形式

RPM (Red Hat Package Manager) 形式で提供します。

関連情報: 導入事例

この製品・サービスを導入頂いている企業様導入事例をご紹介します。
世界を代表する国内組織や大手企業など堅牢なセキュリティが求められる環境で多数の実績を有しています。

フォームでのお問い合わせ

Go To Top