オープンソースのディレクトリ・サーバーOpenLDAP 2.4をLinux/Solaris/AIX向けに製品パッケージとして提供開始

2009-11-20

プレスリリース

マルチ・マスター対応で既存商用LDAPサーバーを置き換え可能に オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社(東京都品川区、代表取締役 小田切耕司)はオープンソースのディレクトリ・サーバーOpenLDAP 2.4をLinux/Solaris/AIX向けに製品パッケージとして提供開始したことを本日発表します。 OpenLDAPは多くのLinuxディストリビューションに標準で同梱されるオープンソースのディレクトリ・サーバーで、近年のオープンソースとLinuxの普及により、急速に利用者が増えています。しかし一方Linuxディストリビューションに同梱されるOpenLDAPはバージョンが古く、長い歴史と実績を持つ商用ディレクトリ・サーバーの置き換えには品質や機能・性能面で不安を持つユーザーが多いのも事実です。 そこでオープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社は商用ディレクトリ・サーバーの置き換えを可能にするマルチ・マスター(冗長化された複数のディレクトリ・サーバーが互いの内容を複製し合う仕組みで、どのディレクトリ・サーバーも更新可能です。OpenLDAP 2.3まではシングル・マスターだったため単一のディレクトリ・サーバーだけが更新可能でした)に対応した最新のOpenLDAPをLinux/Solaris/AIX向けに製品パッケージとして提供開始しました。 製品化にあたってはマルチ・マスター機能の品質検証と性能検証を行い、さらに商用ディレクトリ・サーバーの置き換え促進のためにOpenLDAPのキャッシュ検索アルゴリズムに改良を加え、オリジナルOpenLDAPよりも性能向上を達成しました。  加えて弊社が製品パッケージおよび構築支援サービスやサポートを提供しているオープンソースのシングル・サイン・オン製品 OpenSSOのユーザー・リポジトリとして利用することより、Google AppsやSalesforceのようなSAML対応のクラウドサービスと従来のBASIC認証やFORM認証を使ったアプリケーションのシングル・サイン・オンをすべてOSS(オープンソースソフトウェア)で実現可能になります。

OpenLDAP for Linux/Solaris/AIX 製品概要

  • 詳細バージョン: OpenLDAP 2.4 ( 製品情報 )
    • 上記バージョンにより、商用Linux同梱のOpenLDAPよりも数々の不具合が修正されています。
  • バックエンドデータベース:Berkeley DB (BDB) 4.8.24を採用し、高性能・高品質
    • 高負荷でデータが破壊する、ハングアップする、リカバリできないなどの多くの不具合を修正しています。
  • 商用Linux同梱のOpenLDAPには同時接続数として1024や4096という制限がありますが、弊社製品は16384接続まで拡大してあり、大規模システムでの運用に適しています。
  • マルチ・マスター・レプリケーション対応(品質検証済み)
  • 高速で安定したシングル・マスター(syncrepl)レプリケーション対応(品質検証済み)
  • 10万~50万ユーザーでの安定動作を検証済み
  • キャッシュアクセスを独自改良し、高速化
  • LDAPベンチマーク(SLAMD)により、1秒間にLDAPデータ検索3万4千、LDAPデータ追加性能570件以上を達成

図1.OSSTech製OpenLDAPとオリジナルOpenLDAP/商用LDAP製品とのLDAP検索性能比較 図1.OSSTech製OpenLDAPとオリジナルOpenLDAP/商用LDAP製品とのLDAP検索性能比較 図2.OSSTech製OpenLDAPとオリジナルOpenLDAP/商用LDAP製品とのLDAPデータ追加性能比較 図2.OSSTech製OpenLDAPとオリジナルOpenLDAP/商用LDAP製品とのLDAPデータ追加性能比較 ※ 性能測定環境

  • サーバー: Dell PowerEdge R710
  • CPU: Intel Xeon E5530 2.40GHz × 2個 (Quad Core、HyperThreading有効)
  • Memory: DDR3 32GB
  • HDD: SAS RAID5構成
  • OS:Red Hat Enterprise Linux 5.4 (x86 64ビット版)

動作環境(対応するサーバーOS:OpenLDAPが動作するオペレーティングシステム)

  • レッドハット社 Red Hat Enterprise Linux 5
  • サン・マイクロシステムズ社 Solaris 10 (Sparc版およびIntel版)
  • アイ・ビー・エム社 AIX 6.1
  • CentOS 5

※その他OSはお問い合わせください。

提供パッケージ形式

  • Red Hat Enterprise Linux, Solaris, AIX, CentOSすべてRPM(Red Hat Package Manager)形式で提供します。

提供価格

  • パッケージ製品価格:10万円(税込み:10万5千円)/ノードあたり
  • サポート料金:24万円/年(税込み:25万2千円/年)/システム単位

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 について

会社情報

登録商標等

  • UNIXはThe Open Groupの登録商標です。
  • Sun、Sun Microsystems、Solarisは、米国 Sun Microsystems, Inc. の登録商標です。
  • IBM、AIX、POWERはInternational Business Machines Corporationの登録商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
E-mail: info-pr@osstech.co.jp 電話 03-6417-0753

住所 東京都品川区西五反田1-29-1 コイズミビル 8F
設立 2006年9月 資本金 1500万円
代表取締役 小田切 耕司
Webページ https://www.osstech.co.jp/

Go To Top