差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
product:openam [2018/03/06 15:24]
aimoto [フェデレーション機能]
product:openam [2018/03/06 15:27] (現在)
aimoto [フェデレーション機能]
ライン 47: ライン 47:
   * フェデレーションでは、シングルサインオンだけでなく、ユーザの属性情報(アイデンティティ)や認証コンテキスト(認証方法や認証日時等)も受け渡すことが可能です。従って、フェデレーション環境下のアプリケーションではアクセスするユーザに応じたコンテンツを配信できます。   * フェデレーションでは、シングルサインオンだけでなく、ユーザの属性情報(アイデンティティ)や認証コンテキスト(認証方法や認証日時等)も受け渡すことが可能です。従って、フェデレーション環境下のアプリケーションではアクセスするユーザに応じたコンテンツを配信できます。
   * マルチ・プロトコル・フェデレーション・ハブ異なるフェデレーション・プロトコルを「翻訳」し、アイデンティティ・プロバイダーとサービス・プロバイダーは複数のプロトコルを利用してSSOの確立が可能です。   * マルチ・プロトコル・フェデレーション・ハブ異なるフェデレーション・プロトコルを「翻訳」し、アイデンティティ・プロバイダーとサービス・プロバイダーは複数のプロトコルを利用してSSOの確立が可能です。
-  * 集中化されたFederation Validator +  * サービス・プロバイダーに対するフェデレーションを実現するために、既存の認証アプリケーションを利用して企業/​組織内で既に確立されているSSOを有効に利用でき、Webサービスのセキュリティを向上させます。
-管理者は、フェデレーションの通信が稼動しているかどうかをシステム動作中に素早くテストすることが可能です。 +
- +
-  * バーチャル・フェデレーション・プロキシ機能 +
-サービス・プロバイダーに対するフェデレーションを実現するために、既存の認証アプリケーションを利用して企業/​組織内で既に確立されているSSOを有効に利用でき、Webサービスのセキュリティを向上させます。+
  
 ===== OSSTech社独自の改良点 ===== ===== OSSTech社独自の改良点 =====
© 2018 Open Source Solution Technology Corporation, All Rights Reserved.
お問い合わせ: info @ osstech.co.jp